株式会社樋口製菓

樋口のしょうが湯

終戦後、私は知人からの薦めで商売を始めました。
芋団子、芋あめなどを作って尾道の駅前などへ女房と 二人で売りに行く毎日でした。  ある時、何か新しい商売はないかと考え、 当時あめゆという飲み物があり、 それに「身体にいい黒糖を入れてみたらどうか?」 「生姜を効かしたらどうか?」と思い、 仕事が終わってから夜遅くまで、

 

しょうが湯の試作品を作る毎日が始まりました。
(当時は原料を乾燥する機械など無く、 コタツを使って乾燥していました。)
そして試行錯誤の結果、 昭和40年乾燥した粉末状のしょうが湯が 完成しました。
(当時特許申請を出したのですが、 色々と問題があり「しょうが湯」では 認可がおりませんでした。
その時、「乾燥粉末しょうが湯」で 申請していたらなぁと今にして思いますが、 残念の一言です。)
  それから毎日、家族で尾道、広島、 四国地方などの市場へ しょうが湯を売りに行きました。  しょうが湯をたくさんのお客様へ 飲んでいただき、 たくさんの人々に買っていただきました。  今にして思えば芋団子から始まった 商売でしたが、 しょうが湯に出逢えて 本当に良かったと思います。
これからも樋口製菓をよろしくお願いいたします。

樋口清義